白湯ダイエット用の電気ケトルとしてとても優秀な調乳ポットをレビュー!

日記

通常の沸騰ポットとして使用していた Sandoo の電気ケトルが少し水漏れするようになりました。

白湯用には PRISMATE の電気ケトルを使用していますが、あらためて温度調整ができて白湯用にも使えそうな電気ケトルを探したところ、HEYVALUEの調乳ポットを発見しました。

これがかなり白湯ダイエット用の電気ケトルとして優秀だったのでレビューしてみました。

ダイエットと白湯について

いろいろなダイエットで「1日に水を1.5~2L飲む」のが重要だと言われています。

自分も以前「月曜断食」で実践したところ、実際に水を大量に飲むことでダイエット効果が上がることを実感しました。

ちなみに「白湯ダイエット」という言葉もあるように、水より「白湯」の方がダイエット効果もあり良いのですが、「1日に2Lの白湯を作る」のが大変です。

以前の記事で大量な白湯を簡単に作る方法を紹介しましたが具体的には以下です。

  • 活性炭の浄水器で水道水を浄水にする。
  • 温度指定できる電気ケトルで60℃くらいで保温する。

購入の経緯

ウチには電気ケトルが2台あり、それぞれ以下の目的で使用していました。

  • キッチンでコーヒーやラーメン等のために浄水を沸騰(Sandooの電気ケトル)
  • テレワーク中に白湯を飲むために浄水を60℃で保温(PRISMATEの電気ケトル)

ところが最近になって、Sandoo の電気ケトルがときどき水漏れしていることに気付きました。

買い替え用に沸騰用としても白湯用としても使える電気ケトルを探して、一番良さそうだったのが HEYVALUEの調乳ポット(Baby Bottle Warmer)でした。

実際に白湯用としてHEYVALUEの調乳ポットを1ヶ月ほど使用していますが、これまでよりも使いやすくてとても気に入ってます。

白湯用にも使える電気ケトルの条件

白湯用にこれまで温度調整と保温が可能な3台の電気ケトルを購入しましたが、実際に購入するとWebの情報だけではわからないことが多かったので、気を付けるべきポイントをまとめてみました。

  • 外観:中の水の量が見えないと残量がわからず補充のタイミングがわかりづらい。また口が大きくないと手を入れて洗えない。口の大きなガラス製がベター。
  • 容量:1日に2L飲むことを考えると少なくとも1L以上は欲しい。
  • 操作ボタンの位置:ケトル本体に操作ボタンが付いてる場合、台から持ち上げると電源が切れるため設定温度などがリセットされます。操作ボタンは台側に付いてるものを選びましょう。
  • 温度調整:温度調整は細かい方が嬉しいが1℃刻みは設定に時間がかかるので、5℃刻みくらいがちょうどいい。また現在の温度がわかる方が良い。
  • 保温設定:沸騰せずに設定温度で保温と一旦沸騰して設定温度で保温の両方あるのがベター。
  • 保温時間:保温が切れるとまた保温の設定が必要となるため、保温時間は長い方がいいがあまり長く無いものが多い。
  • 音:音量やオンオフを調整できるものは無さそう。音が大きすぎると夜中に操作がしづらい。
  • 消費電力:消費電力が小さいと沸騰までに時間がかかる。

これまで購入した温度調整可能な電気ケトルの比較

メーカーSandooPRISMATEHEYVALUE
機種KE1210PR-SK022K115
写真
外観ステンレス
口が小さい
ガラス
口が大きい
ガラス
口が大きい
容量1.0L1.5L1.2L
操作本体側台側
機能毎のボタン
台側
温度調整1℃単位機能毎に固定1℃単位
保温設定操作の仕方で
どちらも対応は可能
沸騰有無選択可沸騰有無選択可
保温時間30分
※持ち上げるとリセット
3時間24時間
大きい
頻繁に鳴ってうるさい
普通普通
消費電力1000W1000W600W
梱包
サイズ
325 x 239 x 206362 x 284 x 258293 x 232 x 194
本体
サイズ
290 x 160 x 210155 x 210 x 210249 x 150 x 150
梱包重量1.42kg2.38kg1.38kg
本体重量725g834g
水道水1L(28℃)
の沸騰時間(実測)
約7分約7分30秒約11分

HEYVALUE 調乳ポット(Baby Bottle Warmer)

【すぐに粉ミルクを温める】従来のボトルウォーマーのように、哺乳瓶を温めるために3-5分間を待つ必要はありません。HEYVALUEの調乳ポットはすぐに泣いている赤ちゃんを落ち着かせる!赤ちゃんへの必需のミルクウォーマーである!
【精確な温度制御】0-100℃(0-212°F)温度調節、ミルク、コーヒー、麦茶、紅茶などのためにタイマー付き完璧な電気ポットである。温水機能の調整範囲は35-95℃(95-203°F)である。水を沸騰させる場合は、「沸とう」の機能を選択してください。新生児への出産祝いに最適である。
【24時間の保温機能】全昼夜、乾くまで保温している。哺乳瓶の保温はでき、いつでも給餌可能。水が乾ききると、自動的に電気ケトルが停止する。
【プリセット機能】予め1日のスケジュールを決めておき、スケジュールのことを完成次第、すぐに授乳できるプリセット機能。より正確にスケジュールを決め、赤ちゃんが空腹を感じないようにタイマー機能を搭載している湯沸かし器。
【大容量&安全】当社の水ウォーマーは、1.2Lの水を持ち、5 * 8 OZボトル相当の粉ミルクを作る。高品質のBPAフリー材料、防爆ガラスとステンレス鋼で作られた調乳じょーずの電気ケトルなので、より安全な生活を提供する。

調乳ポットとは

調乳とは、赤ちゃん用に粉ミルクをお湯と混ぜてミルクを作ること。

調乳に使うお湯は一度沸騰させて70℃~90℃に少し冷めたものを使用するのが推奨されており、通常の沸騰ポットでこれを行うのは大変。

ミルクをあげるたびに70℃のお湯を作るのが本当に大変であるため、ベビーメーカーのピジョンから一度沸騰して70℃で保温する「調乳ポット」が発売されており評価が高いですが、電気メーカーで無いため価格が高く、調乳に特化しているのがデメリットのようです。

メリット

  • デザインがおしゃれで1.2Lと容量も大きく口が広いので手を入れて洗える
  • 日本仕様で日本語マニュアル付き
  • 操作がシンプル
  • 沸騰せずに設定温度で保温も、沸騰後に設定温度で保温も可能
  • 保温時間が24時間と長く、水が乾くと自動で停止する
  • 時間予約までできる
  • ピー音が程よい大きさ

デメリット

  • 600Wと他の電気ケトルと比較して消費電力が低いため沸騰するまでに時間がかかる
  • どの操作でも最後は保温になるため電源オフは手動操作が必要
  • 予約した時間からスイッチが入るので沸騰後70℃で保温などを予約する場合は実際に70℃になって欲しい時間から逆算して予約する必要がある
  • ピー音はうるさくは無いがオフにはできない

ちなみにAmazonで1000Wと書かれてますが、実際に届いた製品は600Wでした。

1ヶ月使ってみた感想

自分の場合はテレワーク中に白湯を飲むために朝1Lほど浄水を入れて60℃で保温してますが、60℃は記憶してくれているため [電源]⇒[保温] の操作だけで良いです。

デメリットにあげた内容も自分の使い方では特に問題になることが無いため、個人的にはとても気に入ってます。

沸騰までの時間は少し長いので、沸騰させるくらいしか使わない人が1台目の電気ケトルとして買うのには合わないかもしれないですが、機能的には使いやすく、いろいろな用途に利用できるので時間が気にならない場合は1台目でも良いと思います。

最後に

長引く円安で輸入品は軒並み価格が上昇しているため、全て同じ状況ではありますが、今後も価格は上昇傾向と思われます。

HEYVALUE のページで約$50であるため、130円/$ だと6,500円、140円/$ だと7,000円。

HEYVALUE の調乳ポットは楽天は販売していないためYahooとAmazonになりますが、Amazonの方は現在(8/1)は300円offクーポンもあり、Amazonでクーポンを利用すると3,699円とかなりお得になります。

白湯用や調乳用の電気ケトルを考えている方にはもちろん、通常の電気ケトルとしても自分としてはとてもオススメな製品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました