月曜断食とお米ダイエットのマッシュアップで最強ダイエット!

お米ダイエット

コロナで通勤が無くなったことから、最初はリングフィットでダイエットを始めましたが「月曜断食」を併用することで体重は半年ちょいで約80kgから約65kgまで落ちました!ちなみに身長は170cmでアラフィフです。
今はリングフィットもやって無いし、ちゃんとした「月曜断食」もやれてはないですが、だいたい65~67kgくらいでキープしてます
体重を一気に落とすには「月曜断食」は効果的ですが、結構きついし少し健康リスクもあるようなので、自分でも続けれて体重をキープできてるやり方を書いてみました。

月曜断食は糖質制限ダイエット


月曜断食」ですが実は自分は本も持って無いので、やり方は後にリンクを貼ってる他のページなどを参照してください。笑
自分は「月曜に食べない」と「白湯を飲む」ことを実践してましたが、それなりに効果はありました!

月曜断食」を調べてみると最初は「月曜に食べない」というとこに目が行くけど、実は良食日がキモなんだと気付きます。
良食日については本を見ないと詳細はわからないですが、以下の記事をみると基本的に良食日はご飯を減らした「糖質制限ダイエット」に近い感じ。
週末増えた分を月曜に落として平日さらにジワジワ落とすという感じでしょうか。

話題のダイエット「月曜断食」5つのルールで健康的にやせる! | LEE
やる気はあるのになかなかやせない、ダイエットが続かない・・・それは、自分に合わないダイエット法を選んでいるからかも! 今までいろいろ試してみたけれど、「続かない」「やせない」という人に知って欲しい「月曜断食」について、「関口鍼灸治療院 HEAL the WORLD」総院長、関口

出典:https://lee.hpplus.jp/kurashinohint/1508038/area03/

お金、道具、特別な運動は必要なし。簡単なルールだけでOK!
圧倒的支持を集める最強ダイエット「月曜断食」のための専用ノートができました。
進め方やルールを豊富なビジュアルでわかりやすく紹介、さらに簡単で続けやすい8週間分の書き込み式ノートで、あなたの「月曜断食」を成功へと導きます。

糖質制限ダイエット」は我慢したり頑張らないといけないので精神力が強くないと難しい。自分の場合、糖質制限できるほど精神力は強くないので良食日は守って無かったです。笑

良食日を守れておらず、これまでいろんなダイエットをやって失敗して来た自分でも「月曜断食」で大幅に痩せれたのは何故でしょう。

たぶん月曜断食」で効果が出せた理由は続けることができたのが大きいと思う。自分が思う月曜断食」が続けやすい理由は以下のあたりだと思います。

・断食明けに大幅な体重減を実感できるので続ける気になる。
・美食日があるので不食日と良食日を頑張れる。
・不食日があるので美食日を背徳感無く楽しめる。
・ルール化されると続けやすい。


ただし続けれてても良食日に食べる量を減らせないと体重は増減を繰り返すだけで減少していかないですね。
自分の場合は平日はリングフィットをやってたので体重を落とすことができたと思います。
ちなみに今は平日の食事がだいぶ粗食になったのでリングフィット無しで体重をキープできてます。


ところで、一般的なダイエットは止めると戻ってしまったりリバウンドして元より太ってしまうが「月曜断食」はどうでしょう。ツイッターを見ていると、「月曜断食」を止めて太る人もいるが、月曜断食」を止めても落とした体重を維持してる人が結構多いことに気づきます。おそらく、この差は良食日にあると思います。

月曜断食」を正しいルールで続けて痩せた人は、普段からこぶし2個分を意識した食事で胃が小さくなるので週末の美食も少食になってきます。
月曜断食」を止めても白湯や糖質制限の食生活が習慣化して続けれれば体重は維持できる

月曜断食」を止めると同時に糖質制限も止めてしまう人は体重も元に戻ってしまうんでしょう。

自分の場合は普段の良食日は運動でカバーしてましたがもともと運動する習慣は無いので「月曜断食」とリングフィットを止めるとリバウンドするのが見えてました。笑
結局、平日の食事を粗食にしていき、いまはリングフィットは止めちゃいました。

衝撃のお米ダイエット


そもそもどういう仕組みで脂肪が付くのだろうか?と調べてた時に見つけたのが、柏原ゆきよ先生の動画でした!「お米は糖質なので太る」が常識だったので目からウロコの衝撃を受ける内容でした!

そもそもどうやって太るかの仕組みを知らず、お米は糖質=太る、という漠然とした説明を信じていたけど、柏原ゆきよ先生の動画では科学的にどうしてお米で太らないかを説明してくれるので凄く理解できます!
「お米は太る」と思ってる方は以下の4本を必ず見てください!(再生速度1.75倍くらいが聞き取れて短時間で見れるのでオススメ)

それでは、「お米ダイエット」は具体的にはどうすれば良いのでしょうか。
柏原ゆきよ先生の動画を見てると節々に出てきますが、ざっくりこんな感じでしょうか。

・1日3食でご飯は1日に2合を目安に。
・ご飯8:おかず2の比率。
・味噌汁は食べるべし。
・食物繊維も多めに取る。


以下のページにそこそこ書いてありますが、詳しく知りたい方は本を買ってみてくださいね。

【驚きの事実】ご飯を食べるとお腹が痩せる!プロがその理由を解説 | サンキュ!
実は、お腹の内臓脂肪を燃焼させるには、基礎代謝を上げる「お米」が最強!さらにご飯をよくかんで食べると、おやつ欲求も抑えられるんです。「ご飯をたくさん食べたら太らない?」「パン派は?」などの疑問に専門家がお答えします!
「ぽっこりお腹」の原因は、栄養が足りない食品を摂っているから。
お米はお腹やせに効く、栄養満点のスーパー食材!
お米中心の食事に変えれば、内臓脂肪がみるみる減って、すっきりやせる!
腸内環境が整い、便秘や肌荒れ、しみ、しわも解消!

麦でお米ダイエットの効果をさらにアップ!


「お米ダイエット」が太らない理由はざっくり以下のような感じ。

・筋肉を動かすのに糖分が必要なので糖質制限すると基礎代謝が落ちて痩せにくくなる。
・かと言って糖を直接取ると血糖値が急激に上がる。
・血糖値が急激に上がると血糖値を下げるためにインスリンが分泌される。
・インスリンが出ると糖を脂肪に蓄えてしまうので太る。
・お米は炭水化物だが糖に分解されるのには時間がかかるので血糖値はゆるやかに上がる。
・食物繊維を一緒に食べると糖の吸収を抑えるため血糖値の上昇がさらにゆるやかになる。
・お米は血糖値がゆるやかに上がるので基礎代謝があがり太りづらい。


基礎代謝を考えると糖質制限では無く、お米ダイエットが良い。
できれば食物繊維を多めにとる方が良い。
お米よりオートミールや押麦などの麦の方が糖質が少なく食物繊維が多い。

ただ、アラフィフでテレワークでほとんど動かないため1日2合では痩せなかったので、食べる量は減らしました。笑

月曜断食とお米ダイエットのマッシュアップで最強ダイエット!


糖質制限ダイエット」はつらいだけでは無く、必ずしも健康的では無いので、生涯続ける習慣にするのは良く無いと思われます。
健康的に痩せて生涯続けれるお米ダイエット」をベースに考えるべき。
その上で月曜断食」の良いシステムを取り入れると、短期的に健康的に痩せれる痩せた後で断食を止めてもリバウンドしない、という最強のダイエットになるんじゃないかと考えてます。

ということで、いま自分が考えてる最強のダイエットは以下です。
目標体重を達成したら月曜も良食日にすることで生涯無理なく続けることもできますね。

・月曜は少食日、火〜金曜は良食日、土日は美食日。
・少食日はオートミールや押麦をメインに量は良食日より少なめ。
・良食日はご飯(白米、押麦、オートミール)、味噌汁をメインにご飯8:おかず2の比率。
・美食日は好きなものを食べて良いが食べ過ぎない。
・1日3食。ご飯は1日2合を目安に自分に合わせて。
・白湯は1日1.5〜2リットル飲む。

・筋トレや柔軟などの運動も少しでもやるようにする。

ちなみに「不食日」では無く「少食日」にするのは以下の2つの理由から。

・1日断食するのはかなり苦しいし、体調が悪くなる人もいる。
・食事を抜くと胆石ができるリスクが上がる。

胆石については月曜断食のツイッターをしてる人は実際に受けたことがあるかもしれませんが、あるお医者さんに警告されます。
「月曜断食で痩せた!良かった!」とツイートすると、見知らぬお医者さんに突然「月曜断食は危険だから止めなさい」と警告されるので、大半の人が無視をしてしまうようです。。
実際に断食により胆石ができるリスクが上がるようなので有益な情報ではあるものの、もっとも重要な肥満が解消してる恩恵を捨ててまで胆石のリスク回避を取る人はいないし、一方的に警告するやり方は受け入れ難いですよね。

自分は「肥満リスク>胆石リスク」だと思うので解決策は以下のいずれかだと思いました。

・月曜断食をしつつ胆石リスクを抑えるため定期的な検査を行う。
・不食はせずに少食に止める。


試しに不食日をオートミールで少食にしてみたところ十分痩せる効果があったので、苦しい不食までせずに少食にした方が胆石リスクも減るのでベストかなと考えるようになりました。


ちなみに運動については、リングフィットが楽しく継続しやすくてベターだなと思ってますが、普段運動しないのであれば鈴木孝佳さんの「疲れない体を脳からつくるボディハック」という本が凄くオススメです!

脳神経科学や解剖学、生理学などに基づいた世界最先端のトレーニングメソッドで、脳(ソフト)から体(ハード)の使い方を変え、不調を取り除く。それが、本書でご紹介する「ボディハック・トレーニング」です。
ぜひあなたもヒト本来の機能を取り戻し、疲れ知らずで、いつも調子がいい体を手に入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました