【ネタバレ】ペリフェラル ~接続された未来~ シーズン1 第2話の復習(あらすじ・相関図・考察)

ペリフェラル
記事内に自動で広告が表示されます

ペリフェラルAmazon prime video で独占配信している海外ドラマで、シーズン1は約1時間x全8話の構成になってます。

原作は William Gibson で全3部作の1作目「The Periferal」。原作は2作目「Agency (The Jackpot Trilogy)」まで発売されており、ドラマ版のシーズン2も既に予定されてるそうですが、原作の1作目とドラマ版では内容や結末が違うらしく、シーズン2がどうなるかとても楽しみです。

2023年2月にはシーズン2の制作が決定され、2024年公開に向けて撮影が開始されてましたが、7月に始まった全米のストライキの影響で打ち切られることが決まったそうです。。

今のところ続きを知りたければ英語の原作小説を読むしかないんですね。。せめて日本語版が販売されるといいのですが。。

とても面白かったのですが、すぐには理解できない内容も多く、もう一度最初から見てしまいました。笑
このブログでは自分のように『見たけどよくわからなかった』という方向けに、後の話のネタバレが無い程度に各話毎のあらすじ、相関図、考察などの情報をまとめてます。

ペリフェラルをまだ見て無い方は面白くてオススメの作品なので、ぜひ Amazon prime video で先に各話を見てから読んでください!

ペリフェラル ~接続された未来~ シーズン1

ペリフェラル ~接続された未来~」の主要舞台は未来のアメリカの田舎町。ボロボロになった家族を何とか立ち直らせようとする女性、フリン・フィッシャーを中心とした物語である。フリンは賢く、野心的だが、未来が見えない毎日に希望を失っている。そんな彼女にある日、未来からの接触がある。人類の運命、そしてその先に何が待ち受けるのか。「ペリフェラル」で、稀代のストーリーテラー、ウィリアム・ギブスンが、目のくらむような幻惑的な世界を垣間見せる。

Amazon prime videoideo
2022年10月21日 1時間5分
雇われの兵がフリンの家を襲う。なぜ命を狙われるのか探るべく、フリンは再びシミュレーションの中へ。するとゲームだと思っていた世界が実は70年先のロンドンだと判明する。フリンは、アリータを捜すウィルフとレヴと協力し合うことにする。

登場人物

第2話までの登場人物一覧

登場人物(俳優)グループ備考
フリン
(クロエ・グレース・モレッツ
Chloë Grace Moretz)
フィッシャー家、
フォーエバーファブ店員
リサーチ研究所の何かの情報を
見たことで命を狙われる
バートン
(ジャック・レイナー
Jack Reynor)
フィッシャー家フリンと共に命を狙われる、
ハプティックが使える、
戦いに精通している
フリンの母
→エラ
(Melinda Page Hamilton)
フィッシャー家フリンの母親、
目が見えなかったが未来の薬で
見えるようになる
コナー
(Eli Goree)
バートン友達バートンの友達、
片手両足が無く酒に溺れてる
レオン
(Austin Rising)
バートン友達バートンのいとこ、
ハプティックが使える
カルロス
(Chuku Modu)
バートン友達バートンの友達、
ハプティックが使える
リース
(Moe Bar-El)
バートン友達バートンの友達、
ハプティックが使える
ビリー・アン
(Adelind Horan)
フリン友達フリンの親友、
ジャスパーの妻
メイコン
(Miles Barrow)
フォーエバーファブ店員フォーエバーファブ店員
エドワード
(Gavin Dunn)
フォーエバーファブ店員フォーエバーファブ店員
ピケット
→コーベル・ピケット
(Louis Herthum)
薬の売人薬の売人のボス、
ジャスパーの叔父
アティカス
(ハリソン・ギルバートソン
Harrison Gilbertson)
薬の売人薬の売人のリーダー
キャッシュ
(Duke Davis Roberts)
薬の売人薬の売人の用心棒、
コーベルに殴られる奴
ジャスパー
(Chris Coy)
薬の売人ピケットの甥、
ビリー・アンの夫
トミー
(Alex Hernandez)
警官保安官助手、
フリンが好きだった人、
婚約者はディー・ディー
レヴ・ズボフ
(JJ Feild)
クレプトアリータに過去にアクセスする
入口を作らせる、
行方不明のアリータを探す
アッシュ
(Katie Leung)
クレプト過去とのトンネルを保つ技手
オシアン
(Julian Moore-Cook)
クレプト過去とのトンネルを保つ技手
ウルフ
→ウィルフ・ネザートン
(Gary Carr)
クレプトレヴがアリータを探すために
雇ったフィクサー、
アリータと幼馴染
アリータ・ウエスト
(Charlotte Riley)
リサーチ研究所フリンにリサーチ研究所の
何かの情報を見せる
博士
(T'Nia Miller)
リサーチ研究所黒人女性の博士、
ダニエルにバートンを殺すよう
指示している
警備員
→ダニエル

(David Hoflin)
リサーチ研究所リサーチ研究所の警備員、
バートンを殺そうとしている
マリエル
(Poppy Corby-Tuech)
リサーチ研究所シミュレーションのターゲット、
リサーチ研究所の職員

第2話までの相関図

第1話までのあらすじ

2032年 アメリカの田舎町に住むフリンは3Dプリントショップで働きながら、目の不自由な母の世話をして暮らしていた。

兄のバートンはゲームでお金を稼いでいるがゲームの腕はフリンの方が上。兄のアバターで高いレベルをクリアしたことで腕を買われ最新のシミュレーションのベータテストを兄の代わりに行うことになる。

シミュレーションでは兄の姿のアバターとなり、異常にリアルな世界に驚きながらも謎の女性の指示に従ってリサーチ研究所のパーティからある女性の誘拐に成功。
翌日、その女性の目を移植し謎の女性と共にリサーチ研究所に潜入、強制的に何かの情報を見せられる。その後、警備員から攻撃され、アリータ・ウェストと呼ばれる謎の女性を逃がすのに成功するがフリンのアバターは警備員に殺される。

もうシミュレーションはやらないと思っていたが、翌日「900万ドルの賞金がかけられ狙われている、シミュレーションに入らないと救えない」と連絡がある。

急いで帰宅し友達と集まっている兄のバートンに相談。念のためにドローンで付近を散策すると森の中に10名程の人影が近づいていた。

第2話のあらすじと考察

リサーチ研究所(警備員ダニエルと博士)

フリンのアバターを殺害した警備員ダニエル黒人女性の博士が会話している。

ダニエルはアバターのオペレータを追って時間と場所を特定、ダークウェブで広告を出して元軍人のエリート部隊にリサーチ研究所の技術でサポートして関係者を全て殺すように指示していると言う。

フィッシャー家(メンフィスの攻撃)

10数人の人影とドローンが攻撃を仕掛けようとしている。

フリンは母親を地下に移動させるため部屋へ急ぐ。
バートンと友達の6名は体にセンサーのようなハプティックが埋まっており、皆でリンクしあうことでドローンの情報や互いの情報をリアルタイムで共有し次々と敵を殺して行く。

敵を2体逃してしまうが、たまたま顔を出したコナーが仕留める。

ロンドン(アリータとウィルフの過去の回想シーン)

ウルフが街でばったり会った風を装ってアリータに声をかけ、クレプトリサーチ研究所の情報を知りたがっており報酬が大きいと言うが、アリータはお金はいらないと断る。
ウルフアリータに今は幸せなのか聞き、クレプトに協力すると少しは刺激になると勧める。

探していたアリータが見つかったのかと思ったのが、後のレヴウィルフの会話から、このシーンは過去の回想シーンで、アリータリサーチ研究所に勤めているとわかる。

ちなみにアリータウルフと呼ぶが、他の人や本人はウィルフと言うのでウィルフが正式名称でウルフアリータだけが呼ぶあだ名のようなものかもしれない。

早朝、ウィルフ(ウルフ)をフィクサー(面倒な出来事を調停する人)として雇っているレヴ・ズボフから連絡があり緊急の招集がかかる。

レヴは「どこかの部隊がフリン達を襲ったが失敗した」と伝え、アリータを見つけるためにフリンペリフェラルを作らせたのでフリンをすぐに呼び出すようにウィルフに言う。

フリンがシミュレーションに入ると、今回はバートンでは無くフリンの姿のアバターで驚く。
ウィルフが現れ、アリータを探していること、アバターはペリフェラルと呼ばれ、仮想ゲームでは無く70年先のロンドンに実在するもの、タイムトラベルでは無く量子トンネルで接続してると説明。

信じれないフリンウィルフは未来である証拠としてフリンの母が4週間後に無くなる訃報記事を見せる。ジョン薬局に母に効く薬の製法を送って代金も支払い済であることを伝え、また攻撃があるかもしれないので力を合わせようと話す。

リサーチ研究所ではアリータと侵入したペリフェラルの姿がバートンであったためオペレータはバートンだと考えているが、レヴウィルフがオペレータをフリンだとわかっていた理由が良くわからなかった。

ちなみにフリンの母の訃報記事からフリンの母の名前がエラ・フィッシャーだとわかる。

フィッシャー家(フリンが母に未来からの薬を注射)

ペリフェラルから戻ったフリンはすぐにジョン薬局で薬を受けとる。
母のエラは医者から余命6週間と宣告をされていたことをフリンに隠していたことがわかり、もらった薬を母に注射する。

その後、フリンバートンに「シミュレーションは仮想のゲームでは無く2100年のロンドンでフリンがその世界で何かを見てしまったので狙われてる」ことを伝える。
また、母のエラが4週間後に死ぬこと、薬をもらって母に注射したことを伝え、バートンと喧嘩になる。

ロンドン(フリンがレヴ・ズボフ、ウィルフから情報を収集)

フリンがもっと情報を収集すべくペリフェラルに入るとレヴ・ズボフの屋敷にウィルフといた。
ウィルフアリータを探すべくウィルフを雇っているのがレヴで、オシアンアッシュは技手で過去とのトンネルを保つ仕事をしている技手だと紹介する。

レヴフリンが「スタブ」に居る時はペリフェラルはAIで動いてると説明する。
スタブ」についてはウィルフパラレルワールドだと説明する。未来の人が過去に接触すると枝別れするが、それぞれの枝を「スタブ」と呼んでいる。

アリータの職場はリサーチ研究所フリン達のいる「スタブ」にアクセスできたので入口を作ってもらったが、アリータがいないとアクセスが難しくなると言う。
フリンが「なぜ過去にアクセスする必要があるのか」を聞くと、レヴは知的好奇心だと答える。

フリンバートンの未来について聞いてもお茶を濁される。薬が母のエラに効くかは50%だと聞き、フリンは母を助ければアリータ探しに協力すると言って元の世界に戻る。

その後のレヴウィルフの会話で、レヴは最初はアリータと話すだけの約束だったが、過去にアクセスできると知り過去へのアクセスまでやりだしたとわかる。
ウィルフレヴに「何故過去にアクセスしたいのか」聞くと「君とは友達でいたいので質問には気をつけろ」と忠告される。

上記のレヴウィルフの会話と、少し前のウィルフアリータの回想シーンの会話から、起きている内容の流れは以下だろうと想像できる。

  • 過去にクレプトレヴウィルフ経由でアリータリサーチ研究所の情報を教えて欲しいと頼んだ
  • アリータレヴリサーチ研究所の技術で過去にアクセスできることを教えたと思われる
  • レヴアリータに過去にアクセスできる入口を作ってもらう
  • アリータミラグロス・コールドアイアン社としてバートンにシミュレーションのベータテストと称した依頼をして、バートンペリフェラルを過去から操作させる
  • バートンペリフェラルを操作するフリンアリータリサーチ研究所に潜入、フリンは何かを見せられる
  • バートンペリフェラルはその場で殺されるが何かを見たことでリサーチ研究所バートンを殺そうとする
  • その場を逃げ出せたアリータはその後行方不明となり、レヴウィルフアリータを探すため、バートンでは無くフリンペリフェラルを作成してフリンを呼び出す

レヴウィルフバートンペリフェラルを操作してたのがフリンだとわかった理由はわからない。

「リサーチ研究所の何かの情報を盗み出す」ことがレヴの指示だった場合、レヴフリンを呼び出して盗んだ情報をもらえば良いだけだが、レヴの目的がアリータを探すことであることから「リサーチ研究所の何かの情報を盗み出す」のはアリータの単独犯だとわかる。

またウィルフレヴに「何故過去にアクセスしたいのか」聞くと、それは聞いてはいけない質問だったことからレヴの目的は別にあるとわかる。

ブルーリッジの街(トミーが透明になる車を発見)

森で透明になる車をトミーが発見して調べてると銃の弾を見つけ、バートンの元へ向かう。
バートンが弾は戦争で見たことがあると伝えるがトミーは何故こんなところにと府に落ちない。

フリンは未来の友達が次に襲撃があるかを見張ってくれること、250万ドル(約3億円!)送ることを話す。250万ドルも振り込まれると怪しまれるのでレオンが宝くじが当たる体で入手。

バートンが第1話の仮想ゲームのことを蒸し返す。
フリンが羊が可哀想で逃がしたらトラクターを発見した。戦術的には羊は貴重なアイテムなのに、羊を逃したのでトラクターは「思いやりボーナス」だと言う。

バートンコナーは酒を飲んでるから仲間には入れれない、現実には「思いやりボーナス」は無いというが、フリンはその考えでは本当はあるかもしれない「思いやりボーナス」は見つからないという。

その後、バートンコナーの元へ行き、使える兵士が欲しいので酒を抜いたら来いと言う。
コナーは「哀れみ」はいらないと言うがバートンは「思いやり」だと言ってメモを置いて帰る。

森に透明になる車が2台捨てられてたことから襲撃したメンフィスの車だったとわかる。

バートンの仲間の一人はカルロスと呼ばれていた。その後、警官のトミーが「カルロスリースレオンの車があってB.B.Qでもしそうな感じだが、自分とディー・ディーが呼ばれて無い」というので、皆、幼馴染なんだとわかる。

Jimmy's でピケットのフルネームがコーベル・ピケットとわかり、ジャスパーの叔父がピケットだとわかる。

また、宝くじが当たるレオンバートンのいとこだとわかる。

コーベル・ピケットのVR(ダニエルがピケットにフィッシャー兄妹殺害を依頼)

コーベル・ピケットがVRで女の子と楽しんでると、リサーチ研究所の警備員のダニエルがハッキングして割り込んでくる。

ダニエルピケットフリンバートンを殺して欲しい、報酬は1,000万ドルで25%は前金だという。
ピケットは罠だと相手にしないが、その後、250万ドルが振り込まれる。

フィッシャー家(フリンの母の目が見えるように)

フリンがPCで「ミラグロス・コールドアイアン社」や「アリータ・ウェスト」などを検索していたが手が突然強ばる。

台所で音がして見に行くと、母が冷蔵庫を見ており目が見えるようになったと言う。

第2話の感想

第1話ではわざとわからない感じで話が進んで行ったが、第2話でおおよその話の流れや登場するグループがわかってきて、とても面白くなってきました。

この後は、リサーチ研究所は情報を守るためバートン、フリンを殺そうとし、レヴ、ウィルフはフリンを守りながらアリータを探すという流れでしょう。

ただ、キーになるのがリサーチ研究所でフリンが見たものですが、フリンは何を見たのかよくわかってなさそうなのが気になります。

第2話までにわかったこと

舞台

ドラマの主な舞台は以下。

2032年、アメリカ ノース・カロライナ州、ブルーリッジ山脈の CLANTON(架空の町)

  • フィッシャー家
    森の中の一軒家、敷地内のトレーラー(たぶん70年代のAirstream 社のトラベルトレーラー Sovereign の 31 ft タイプ)がバートンの部屋。
    ペリフェラルへのアクセスはバートンのトレーラーで行ってる。
  • フォーエバーファブ(3Dプリントショップ)
    フリンが働いている店。
  • Jimmy's(バー)
    コーベル・ピケットや手下がいつもいるバー。薬の売買を行ってる。

2100年、ロンドン

  • バッキンガム宮殿
    第1話でリサーチ研究所の祝賀パーティをやってた会場
  • レヴ・ズボフ邸
    ウィルフの雇い主レヴの邸宅。未来のフリンの主な拠点となる。
    場所はノッティングヒルバッキンガム宮殿からはさほど遠くはない。
    ウィルフの部屋はレヴ邸とは別。
  • リサーチ研究所
    第1話でアリータとフリンが侵入した場所。

用語など

  • ハプティック
    バートン達の身体に埋め込まれたセンサーのようなもの。複数人でリンクさせて視覚情報などを共有できる戦闘用システム。
  • ペリフェラル
    機械でできた人間そっくりのアバターのこと。遠隔から操作したり、AIで勝手に動いたりできる。
  • スタブ
    未来の人が過去に接触すると枝分かれするパラレルワールドの枝をスタブと呼ぶ。未来からミラグロス・コールドアイアン社としてバートンに接触しているので、フリン達の世界は既に枝分かれした「スタブ」だと思われる。
  • クレプト(組織)
    まだよくわからないが何かの組織。ウィルフクレプトからの依頼でアリータに接触したのでレヴクレプトとわかる。
  • ミラグロス・コールドアイアン社(会社)
    アリータウィルフが現代の世界でバートンフリンに連絡をするのに使ってる会社。
  • メンフィス(グループ)
    リサーチ研究所ダニエルが現代のダークウェブで雇った元軍人の殺人集団。バートン達を殺しに来るが返り討ちされる。見えない車はリサーチ研究所の技術と想像される。

その他、事実など

  • アリータ・ウエストがリサーチ研究所のことを「あなたの手の中の無限、時の中の永遠」と言った意味
    検索するとイギリスの詩人、ウィリアム・ブレイクの「Auguries of Innocence無心の予兆)」という作品の冒頭の言葉だとわかった。
    「To see a world in a grain of sand(一粒の砂に世界を見て)
     And a heaven in a wild flower,(一輪の野の花に天国を見るには、)
     Hold infinity in the palm of your hand,(手のひらに無限を握り、)
     And eternity in an hour.(ひとときの間に永劫を掴むことだ)」
    何を言いたいのかはまだ良くわからない。
  • ジャスパーのコーベルおじさんはまだ出て無い
    ビリー・アンの旦那のジャスパーのおじさんが薬の売人のボスのコーベル・ピケットと判明。
  • 冒頭の女の子アリータと謎の女アリータ・ウエストは同一人物か
    第1話の冒頭の女の子のアリータウルフとの会話の最期に「じゃあね」と言って抜ける動作をするので、第2話を見ると実はペリフェラルだったとわかる。
    ウィルフが危ない人たちと友達になったのが原因だ」と言っていた。「危ない人」はクレプトレヴで、子供の頃のアリータペリフェラルアリータ・ウエストが操作してたのだろう。
  • アリータとウィルフ(ウルフ)の関係
    第1話の冒頭で女の子のアリータは裸足で現れて『昔、靴をウィルフにあげたこと』や『ウィルフを見つけた時に自分が救うと誓ったこと』を話すので、小さい頃にウィルフを助けてくれたのだとわかる。
  • 「リサーチ研究所の何かの情報を盗み出す」のはアリータの単独犯
    レヴフリンリサーチ研究所で見たことは聞かずにアリータを探させるので、リサーチ研究所から何かの情報を盗み出したのはアリータの単独犯だろう。

第2話まででわからなかったこと

  • アリータ・ウエストが言ったポルタ―とは何か
    フリンアリータと対面した時に『初めてのポルタ―で不思議。あなたはこの先10年経ったら存在しない。』と言われる。
    シミュレーションで未来に接続しているのだろうから、過去からシミュレーションで未来に接続することをポルタ―と呼んでるのだろうか。
  • アリータ・ウェストが言った10年後にあなたはいないとはどういうことか
    アリータに『あなたはこの先10年経ったら存在しない。』と言われる。
    未来の世界なので10年後には死んでることを知ってるということだと思われるが、バートンアバターであるため、アリータが10年経ったら存在しないと言ってるのはバートンのことだろうか。
  • トミーの婚約者のディーディーはまだ出て無い
    ビリー・アンフリンの会話でフリントミーに片思いなのがわかるが、フリントミーの会話で婚約者をディー・ディーと言ってる。
    名前が出てるので、いずれ出て来るのだろうと思われる。
  • フリンはリサーチ研究所で何の情報を見せられたのか
    フリンは2回目のシミュレーションでリサーチ研究所に潜入して何かを見せられる。わざわざ潜入した目的はそれを見せるためだったようだが何を見せられたのだろうか。
  • レヴ、ウィルフがバートンのペリフェラルを操作してたのがフリンだとわかった理由
    バートンペリフェラルであり、アリータが接触したイージーアイスバートンアバターの名前。バートンの代わりにフリンバートンペリフェラルを操作したことを、レヴウィルフがなぜわかったのかわからない。リサーチ研究所ではバートンだと考えている。
  • レヴが過去にアクセスしたい理由
    ウィルフレヴに「何故過去にアクセスしたいのか」聞くと「君とは友達でいたいので質問には気をつけろ」と忠告される。おそらく聞いてはいけない質問なのだろうが、レヴの目的は何なのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました