ブログで初めてのレンタルサーバーは安くても大丈夫!

レンタルサーバー

自分がブログを始めた時に調べたことなどをザックリまとめてみました。
趣味や会社でサーバー構築などはやったことあり、ある程度は知識があるので、レンタルサーバーの選び方も自分の考えを少し書いてみました。

アフィリエイトを試してみたい


アフィリエイトのブログを始めようと検索すると、いろんなサイトで「レンタルサーバー」「WordPress」「ドメイン」などのキーワードが出てくる。

簡単にまとめると以下。
① アフィリエイトなら無料ブログはダメ、レンタルサーバーで WordPress を使おう!
② 独自ドメインを使おう!

無料ブログか WordPress か

 無料ブログについて

無料ブログは主に日記などのブログを無料で簡単に作れるサービスで、はてな、FC2、アメブロなどが有名ですがアフィリエイトはできても自由度が低いです。そもそも無料で貸してくれる理由はブログ会社が広告収入で成り立ってるので、別の広告を貼るのはブログ会社的には嬉しくは無いですからね。

試しに簡単にできる無料ブログでアフィリエイトを初めた場合、その後、本格的に WordPress に乗せ換えようとすると、無料ブログで書いた記事を WordPress にもってくるのは大変です。
日記を書きたいだけなら無料ブログで良いですが、アフィリエイトが目的であれば最初から WordPress にした方が良いです。

ただ、無料ブログは簡単さがメリット。WordPress はそれなりに勉強が必要なので、WordPress の始め方の記事を検索していくつか見てみて、自分には無理だと思ったら無料ブログにするのが良いと思います。

 WordPress について

WordPress は簡単にブログを作れるアプリのようなイメージ。

90年代の終わりくらいでしょうか「ホームページ作成」が流行ったことがありました。
ヤフーなどでホームページを無料で作れて、自分で作成したHTMLファイルをアップすることで日記を作ったりしてました

ホームページを作るのはPCやHTML言語などかなりの知識が必要でしたが、WordPress はインストールした後はWebでアクセスして画面上のメニューで設定をしたり記事を書くだけでホームページやブログを作ることができます

アプリなので自分のPC端末にインストールして動かすことも可能です。
ただ、作ったブログをインターネットで公開しようとすると自分のPCをインターネットから接続させることになるため、セキュリティ対策が必要になったり、端末を24時間動かす必要があったり、いろいろ大変です。

いつ頃か忘れましたが「自宅サーバー」が流行った頃もありました。
CentOSのサーバーを格安で構築して、Webサーバー、FTPサーバー、メールサーバーなどを動かして24時間稼働させます。
インターネットからアクセスできるようにホームルーターに設定をするのと、IPアドレスが変わってもアクセスできるようにドメインサービスを利用するなど。
当時はレンタルサーバーは高いので自宅で安くサーバーを作るということで流行りましたが、今はレンタルサーバーが安いので聞かなくなりましたね。

WordPress をインストールしてインターネットで公開するのに必要なのがレンタルサーバーです。

 レンタルサーバーについて

レンタルサーバーの会社は凄い種類があってサービス内容や価格がピンキリ。とても調べきれません。
「アフィリエイト」「レンタルサーバー」「比較」などで検索して出てくる記事をいくつか読んで決めるのが良いと思います。

ただレンタルサーバーの比較記事を見る時に注意したい点があります。

①レンタルサーバーの会社が書いてる記事は当然その会社のサーバーを進めている。
②アフィリエイトで報酬が高いレンタルサーバーを進めてる人も多い。


①一つ目はまぁ当然ですね。
WordPress設定方法やアフィリエイトの仕方がわかりやすくて皆さん参考にされる以下のサイトなんかは、よく見るとレンタルサーバーの中の人が書かれている記事でもあるんですね。
自分のレンタルサーバーの売りを知ってるので記事としてはとても参考になりますね

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで
初心者向けにブログで収入が得られる理由やブログの始め方から始めた後のブログ運営のポイント、ブログで収入を得るために必要な定番広告サービスの紹介までまとめて解説しています。WordPressの立ち上げ方法も紹介。
【絶対に失敗しない】ブログの始め方|誰も教えていない正しい考え方を無料公開!|mixhost サーバーコラム
直近3年間の収益が1億円を超えている私が、本当に正しいブログの始め方を超具体的に伝授します!ブログを始める前の準備として絶対に持っておくべき心構え〜収益を出すまでの流れを知りたい方はみっちり読んでくださいね!
【超本質】ブログで収入を稼ぐ8つの仕組みを公開【収益格付け表あり】
「ブログで稼ぐってどういう仕組み?」 「トップのブロガーがどれくらい稼いでいるか知りたい」 「ブログで稼ぐコツを知りたい」 こんな悩みを抱えてこの記事にたどりついたあなた!自分で言うのもアレですが、この記事はどの記事より ...


あと、②二つ目は自分がアフィリエイトをし始めて気付いたのですが、レンタルサーバーはアフィリエイトをやってるのが多いですね。
試しにA8で「レンタルサーバー」で検索すると76件出てきました。(2021/1/18現在)

レンタルサーバーの年間契約が高いところなどは成果報酬もかなり良いので、レンタルサーバー比較記事を書いてそこからアクセスして契約してくれると数千円の成果報酬が得られます。
比較記事を書く時にさほど差が無ければアフィリエイトの成果報酬が多い方を進めるのは当然です。

全て見たわけでは無いのでわかりませんが、アフィリエイトの成果報酬で凄いのはエックスサーバー!なんと1クリック1円のクリック報酬!
ということで、↓ぜひクリックだけでもお願いします↓笑


実際、エックスサーバーは品質が良さそうです。
もしアフィリエイトを副収入にするつもりであれば、後々引っ越しするのは面倒なので最初からエックスサーバーなどにしておくのが安心だと思います。
例えば、エックスサーバーの一番安い「X10プラン」を12ヶ月で契約した場合は以下。
 初期費用:3,000円、お試し期間:10日、月額:1,000円、1年合計:15,000円(税込16,500円)
  ※~1/21 18:00までは現金5,000円キャッシュバックキャンペーン!

 格安レンタルサーバーについて

ちなみにエックスサーバーの上記プランは月1,000円ですが月500円以下の格安サーバーとの違いは何でしょう。

レンタルサーバーとはデータセンターにサーバーを置いて1台づつ貸してるというわけではありません。
具体的には、CPUやメモリ、ディスクを大量に乗せた高性能なサーバーを皆でシェアして使うのがレンタルサーバーのイメージです。

1台のサーバー上に複数の仮想サーバーを立てて仮想サーバーを貸してくれるサービス(VPS)もありますが、一般的に言うレンタルサーバーは同じサーバー上にユーザーを大量に作ってユーザーにディスク領域を割り付けてユーザーアクセス権限を貸すものですね。

VPSとレンタルサーバーの詳しい違いは以下のページがわかりやすかったです。
VPSだとOSの入れ替えなんかもできますが、通常のレンタルサーバーは自分のユーザーのディレクトリ配下くらいしか自由に使えないです。
レンタルサーバーの場合、自分のディレクトリ配下に wordpress をインストールして動かすということですね。

VPSとは?レンタルサーバーと何が違う?分かりやすく解説 | カゴヤのサーバー研究室
VPS(Virtual Private Server)は、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」となります。1台のサーバーを複数のユーザーで共有する点は共用サーバーと同じですが、VPSでは、仮想的に専用サーバーと同様の自由度・性能を利用できるよう設定されています。ここでは、VPSの魅力や性能、そしてメリット・デメリットを初...

おそらく格安サーバーは1台のサーバー上に作るユーザーの数が多いのではないかと思います。
サーバーを多くのユーザーが共有していると誰か凄い負荷のかかる処理をしていると他の人のプロセスも遅くなったりします
あとは通信帯域などですかね。データセンターとインターネットを繋ぐ通信帯域が大きいとお金がかかるため、ユーザーの数に対してどのくらいの通信帯域を確保しているか

サーバー比較をしている記事を見るとwordpressの使い勝手などの機能的な所に目が行きがちですが、結局のところ安いサーバーだと応答が遅い可能性が高いということですね。

逆に言うと自分が言いたいことですが、試しにアフィリエイトをやってみたいと初めてみる程度であれば、格安サーバーでも十分ということです。
そもそも、ブログ初めてしばらくは大量にアクセスが来ることは無いので、多少、応答が遅くても問題はありません。笑

それなりにアクセスが増えて収益化してきて本格的にやるのであれば、いいサーバーに乗せ換えれば良いのです。

格安のレンタルサーバー比較は検索すれば出てきますが、先ほど検索して出てきたブログを貼っておきます。

【比較】月500円前後で高速・高機能の低価格サーバー
2020年には5Gがスタートし、スマートフォンのインターネットスピードが100倍近くになるといわれています。ホームページを活用したインターネットビジネスがますます盛んになり、サイトを持っていない、ある



ちなみに自分が選んだのは価格重視で「コアサーバー」です。
 初期費用:無料、お試し期間:30日、月額:198円、1年合計:2,381円(税込2,619円)

なんという安さ!失敗しても気にならない。笑
しかもお試し期間が30日
実は自分はこのCORE-MINIを30日間お試しした後、1つ上のランクのCORE-Aに切り替えて更に30日間お試しした後に正式契約しました。

 お勧めはコアサーバー

上にも書いたように自分はコアサーバーの一番安いプランCORE-MINIを30日間お試しした後で、1つ上のランクのCORE-MINIで契約しました。

何故かと言うと、CORE-MINIを使い出した頃はアフィリエイトをやろうとしてたくらいだったので、コアサーバーのアフィリエイトがあることを知らなかったから。笑
A8のアフィリエイトではセルフバックと言って自分が買っても報酬をもらえるものがあります

CORE-MINIの12ヶ月契約の場合のセルフバックの成果報酬は700円!
つまり通常だとCORE-MINIは1年合計が2,381円なのにセルフバックすれば実質1,681円
だけど既にお試しでCORE-MINIを使ってたのでセルフバックの対象にならなかったのです。残念

ちなみにCORE-Aは12ヶ月契約4,762円、セルフバックの報酬が1,300円なので実質3,462円
うーん、このままCORE-MINIを2,381円で契約するか、CORE-Aに変えて3,462円にするか。
たった1000円/年で容量が倍になったりするし、更に30日お試し期間が延びるのでCORE-Aにしよう!

ドメインって何?


簡単に言うとドメインはこのサイトだと「teqnobreaker.com」ですね。

誰かが「teqnobreaker.com」にアクセスした時にこのサーバーと通信できるのは「.com」のドメインを管理しているところがいて、「teqnobreaker.com」を実際にレンタルしているサーバーのIPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)に変換してくれてるからなんです。

ただ、当然「.com」が無償で変換してくれるわけは無いので「teqnobreaker.com」の利用できるように年間いくらとかで契約をしておく必要があります
たとえば、コアサーバーで「.com」を契約した場合、初年度880円/年、2年目以降1,280円/年かかります。

そしてコアサーバーでサーバーレンタルして取得したIPアドレスが「teqnobreaker.com」になるように「.com」に設定しておけば、誰かが「teqnobreaker.com」にアクセスした時にレンタルサーバーへ繋がるようになるというわけです。

ちなみによく「独自ドメイン」と書かれてますが「独自ドメイン」や「独自じゃないドメイン」とはどういう意味でしょう。

独自ドメイン」は上記の「.com」のように自分が契約して使えるようにしたもの。
独自じゃないドメイン」はレンタルサーバーの会社が持っているドメインを利用してサブドメインを作って使うということで「共有ドメイン」と呼んだりします。

たとえばコアサーバーの場合「提供サブドメイン」というサービスがあり、以下の13種類のドメインを利用して10個までサブドメインを使うことができます。

  • coresv.com
  • coresv.net
  • bex.jp
  • geo.jp
  • awe.jp
  • gob.jp
  • ebb.jp
  • bulog.jp
  • weblog.am
  • weblog.tc
  • weblog.vc
  • sphere.sc
  • cms.am

たとえば「bulog.jp」を利用して「teqnobreaker.bulog.jp」というサブドメインを作ることができて、今まで誰もこれを使って無ければ無料で使うことができるというわけです。

お試しでアフィリエイトをやるだけであれば無料のサブドメインを使えばいいのでは?と思いますが、以下のような理由から独自ドメインとした方が良いです。

①他のレンタルサーバーに引っ越す場合にドメインが変わってしまう。
②アフィリエイトではドメイン名でアクセス数などが大きく変わる。


①はそのままですがサブドメインを使ってたら別のレンタルサーバーに引っ越そうとした時にドメイン名が使えなくなるということ。
レンタルサーバーと独自ドメインの契約は別なので、別のレンタルサーバーに引っ越してもドメインに繋がるIPアドレスを変更するだけでそのまま使うことができます

②は普通に「xxx.com」や「xxx.co.jp」などは怪しく見えないけど、見たこと無いドメインだと怪しいサイトじゃないかと思ってアクセスしない人が増えるということですね。

結論としては、お試しでもドメインは独自ドメインとした方が良いです。
ちなみにコアサーバーのドメイン取得サービスはバリュードメインと言いますが扱ってるドメインや価格は以下を参照。

ちなみに各レンタルサーバーでドメイン取得のサービスを行ってるけど価格が違います
ついレンタルサーバーとドメインは同じところで取りがちですが、ドメインの価格比較をして安いところで作るのがお得ですね。

ちなみに以下はエックスサーバーのドメインのエックスドメイン国内最安値に挑戦!とあるだけに、だいぶ安かった!こっちで取ればよかった。。

別のレンタルサーバーに引っ越す場合


ちなみに別のレンタルサーバーに引っ越すのが大変だったら、やっぱり最初からいいレンタルサーバーにした方がいいのでは。と考えそう。

自分の場合はたまたま、CORE-MINI から CORE-A に変更したので、サーバー引っ越し経験済です。

前の話で「独自ドメイン」を使用していれば、引っ越す時にドメインが変わらずに済みます。
もしドメイン名が変わる場合、記事の中にある別記事へのリンクが自動では治らないので、ツールで変更する必要がありますが有償ツールとなるようです。

ドメインの変更が不要であれば「UpdraftPlus」というツールで無償でできます。
以下の記事では「別のサーバーや別URLに引っ越ししたい別の場所で復元したい場合は有料版」とありましたが、実際に CORE-MINI で「UpdraftPlus」でバックアップを作成し、CORE-A で wordpress インストール後に「UpdraftPlus」でリストアしたところ、無事引っ越しできました。

【実は簡単】UpdraftPlusでバックアップを復元する方法
WordPressのプラグイン「UpdraftPlus(アップドラフトプラス)」で、バックアップしたデーターから復元する方法を解説します。

ちなみに以下の記事では「サイトの引っ越しに活用する方法」とあり、URLが変わった時の裏ワザが書かれてました。

ちょっとしたカスタマイズを試すならこれが便利!少し前の状態にすぐ戻せる「UpdraftPlus」
2020/6/8 情報を更新いたしました。あらゆるサイト運営者にとって、バックアップ作業は避けては通れません。いかに簡単にバックアップをとれて、確実に復元できるのかが重要であります。

なお、上記でうまく行かない場合は「All in ONE WP Migration」の有料版を使うと大丈夫そうですが、7~8000円ほどするようです。

All-in-One WP Migration
1クリックでサイトを移動、転送、コピー、移行、バックアップします。すばやくて簡単、高い信頼性。

コメント

タイトルとURLをコピーしました