踊れない日本人に自由に踊る楽しさを伝えたい

ダンス

日本人は踊る文化が無いので人前で踊るのは恥ずかしい。TicTokなどで普通の人でもダンスをする人は増えてる感はあるが、ダンスは上手くないと恥ずかしいという感覚は今でもある。
ダンスは見せるためでは無く自分が気持ちよくなるために踊るもんなんだということを伝えたくて、適当に30分間踊ったYouTube動画を付けときました。笑

日本人のダンスのイメージ


自分もずっとそうだったけど、日本人は人前で踊るという習慣が無いので人前で踊るのは恥ずかしいという感覚がある。

大半の日本人にとってダンスとは見るもの。歌手のダンスやバックダンサー、あとはダンサーの動画だったり、YouTubeやTicTokの踊ってみたなどを見るくらいで、踊るのは盆踊りとかくらい。
格好良く踊って人に見せるのがダンスのイメージなので上手くないと人前で踊れないと思ってしまう。

「ダンスが好き」という日本人でもダンスは振り付けありきなところが多い。歌手が踊ってるのを見て真似したり、ダンス教室やスポーツジムのダンスレッスンで教えてもらうのが大半で、気持ちいい音楽が流れると自由に踊っちゃう人はかなり少ないと思う。まぁ、沖縄とかは違うのかな?

国によって違うとは思うけど、普段から踊る文化がある外人はダンスはみんなで踊って楽しむもの
誰から習ったわけでもないし、振り付けなんか無いけど、気持ちいい音楽が流れれば自由に踊り出す。
日本もそんな風になれると楽しいのに。

ダンスへの目覚め


音楽は洋楽とかテクノ系とか聞いてて好きだったけどパソコン少年でインドア派だったので、自分がダンスが好きなんて思ったことはなかった。
会社に入ってダイエットのためにスポーツジムに何度か通ったことはあって、無料で参加できるスタジオのダンスレッスンは楽しかったのでたまにやったりはしてたけど、振りを覚えるのが苦手なのでどっちかというと下手な方だった。

そんな自分がダンスに目覚めたのは30代後半のある音楽イベントでした。

ピエール瀧のおかげで有名になってしまったけど電気グルーヴの石野卓球(TAKKYU)の伝説のイベントWIRE。
残念ながらだいぶ前に無くなったけど、毎年、横浜アリーナでTAKKYUがやってた日本で一番大きなテクノイベントでした。

初めてWIREに行ったのは2009年のWIRE09。
もともと電気グルーヴは好きだったのでWIREは聞いたことはあったけど、一緒に行くような人もいないので行こうとしたことはなかった。
ある時、今の嫁さんと知り合ってWIREに誘ってくれたのがきっかけで初めて参戦。

今でもWIRE09は人生の中で一番楽しかった音楽イベントですね。

それまで踊ったことなんて無かったので、横浜アリーナに入ると全体がハッピーな状態になってて、みんな人目を気にせずいろんなところで踊っててびっくりした。


ちなみにテクノイベントって何かと言うとDJが曲を流して皆が気持ちよく踊るという感じ。
音楽は歌の無いインストルメンタルが基本でDJは音楽が途切れないようにつないでいく。

日本で流行りの音楽フェスは本物のアーティストの生歌を聴いて、同じファンが集まって盛り上がるのが醍醐味。好きな曲が流れたり、初めての曲を聴けたり、違うアレンジが良かったりと曲が重要
あと本物のアーティストの一挙手投足をみようとできるだけ前で満員電車のような状態になるので、飛び跳ねるくらいしかできないので、それはそれで楽しいんだけど、踊るというより暴れる
よく「お前ら踊れー!」とか言うけど、正直、暴れるとか跳ねるしかできない。笑

もちろんテクノイベントでも曲は重要だけど知ってる曲なんてたまにしか出ない
とにかく気持ちよく踊れる曲をDJが途切れなく繋いでいく。ブチ上げすぎると倒れそうになるので、ときどき静かな曲をはさみつつ盛り上げる。
有名DJだと近くで見たいので前に行くこともあるけど、自分が気持ちよくなるために来てるので、しばらくすると音が気持ちいいスピーカー前や踊りやすい後方の広いところに行くことの方が多い

WIREは横浜アリーナ全体が気持ちいいハッピーな空間になってるので音楽さえ聞こえてれば廊下で踊ってる人もいる。
逆にフロア内でも端の方で疲れて寝てる人がゴロゴロ転がってたりもする。とても自由な感じ。

フロア内は全体的に暗くて皆んなが踊ってるので、踊ったことが無かった人でも恥ずかしさを感じずになんとなく踊れて楽しい。

自分も初めて行ったWIRE09ではそんな感じで周りに合わせてなんとなく踊れてた。
ただ、誰に見られてるわけじゃないけど、どう踊っていいか良くわからないので踊るのはまだ恥ずかしかった。

そんな中、近くで凄く激しく踊ってる男性がいた。
若い男性だったけど、デブでブサイクでイケて無かったが汗だくになって狂ったように踊っていた。
踊りが上手いとかでも無いけど、周りの目を気にせず一心不乱に踊る姿に衝撃を受けたのを覚えてる。

『凄く気持ちよさそう。あぁ、なんか格好いいなぁ。』

なんだか自分もあんな風になりたいと思い、人目を気にしないよう眼をつぶって音楽だけに集中して踊ってみた。
するとそれまで気付かなかった細かい音が聞こえるようになってきた。
ドンドンドンという大きな音だけでは無く、小さく聞こえるツッチャッツッチャッツッチャッって音だったり、同じ部分がループしてると思ったらジワジワと違う音が入ってきたり、何回かに一度だけたまに入る音があったり。
眼をつぶってそんな細かい音を探しながら、ドンドンドンや細かい音に合わせて体を動かすと自分が音楽の一部になっかのようなトランス状態のような感覚になりだんだん気持ち良くなってきた。

『あぁ、踊るのって気持ちいいなぁ。
 自分がダンス好きだったなんて、初めて気づいたなぁ。』



ちなみにTAKKYUのDJの時に良く思うことがあって、普通のDJのように客が気持ちよくなれる曲をかけるというよりTAKKYUは自分が気持ちよくなるための曲を流すことが多い
そんな時はよく嫁さんと「あっはっは!今日もTAKKYUまたオ〇ニーしてるよ!笑」って。

TAKKYUがオ〇ニーしてる姿を見ながらTAKKYUファンもオ〇ニーしてるという、まさに一大オ〇ニー大会

『いやー、人前で堂々とオ〇ニーするの楽しいなー。
 なんか仕事や社会で人目を気にしながら生きてるのってバカらしいな。笑』


「たった今わかったんだキラーボールが回る最中に踊ることをやめなければ誰も傷付かないんだって」
ほんとそれ。

クラブ事情


WIREでダンスに目覚めてからは踊りに行きたくてしょうがなくなった。
今の嫁さんにまたイベント無いか聞くと、踊りたければクラブでいつでも踊れるよ!と。

ということで、アラフォーで初のクラブデビューをしました。笑

海外ではお酒を飲むのにクラブに行く文化があるのでクラブはわりと多そうだけど、日本ではクラブに行く人口が少ないので主に大きな街にしかない。

渋谷には多かったがコロナ禍で真っ先に営業を止められたため、多くの老舗のクラブが潰れてしまったことはニュースでも流れてた。

ちなみにクラバーはクラブのことを箱(ハコ)と呼ぶことが多くて収容人数が多いとこは大箱とか言う。
箱によってかける音楽のジャンルがだいたい決まってて自分のイメージでは大きく2つ。
#完全に自分の偏ったイメージなのでこれが正しいとは思わないように。笑

・ヒップホップ、R&B、レゲエ、POP、EDM、などのナンパ系の箱
・テクノ、ハウス、サイケ、Drum'n'bass、などの踊る箱


まぁ、男性と女性で入場料が違うところはナンパ箱と思って良いと思う。
ちなみに行ったことは無いが最近ではアニソンをメインでかけるDJイベントが秋葉原から増えてきてるようで、上の2つとはまた違うカテゴリーか。笑

テクノ系の箱で自分が良く行ってたのは以下あたり。
コロナでストリーミングなどもやってるがかなり大変そう。

・ageHa
 日本で一番大きな箱、大きな4つのフロアがあって退屈しないし、広々踊れる。
 新木場と場所が遠いので車で行くか渋谷とかからの送迎バスかで行くのが大変。

ageHa [東京・新木場にある日本最大級のエンターテイメント・スペース]
東京・新木場にある日本最大級のエンターテイメント・スペース ageHa @STUDIO COAST。イベントスケジュールや最先端な情報が満載。

・Sound museum VISION
 渋谷の道玄坂にあり、4つのフロアがある大箱。
 いいテクノイベントが多いが場所がら飲んだ後の若者が流れてくるので客層が悪いことが多い。
 初めてクラブに行くならvisionでいいイベントの時に行くのがおすすめ。

SOUND MUSEUM VISION | 渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。
SOUND MUSEUM VISION - 渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

・Contact Tokyo
 同じく渋谷の道玄坂にあるが場所がわかりづらいので客層は良く、外人が多い印象。
 基本は2つのフロアで他の大箱に比べるとやや小さめ。

Contact
東京,渋谷のクラブ「contact」オフィシャルサイトです。イベントスケジュール、DJの情報を中心に東京のカルチャーを発信しています。

・WOMB
 昔、TAKKYUがシュテルネというイベントを毎月やってたので結構通ってた。
 道玄坂の上の方でちょっとわかりづらい。
 隠れ家的な入り口でおしゃれだが、ナンパなイベントが多く行かなくなった。
 周りのマンションからの苦情が多いせいで音が小さめなのが残念。

WOMB
東京・渋谷 道玄坂上のクラブ/ライブハウス「WOMB」オフィシャルサイト。スケジュール、DJ Mix、イベントフォト、レンタルスペースの情報を発信。

・DJ'S BAR CAVE
 高円寺のかなり小箱、一応、2部屋になってる。
 サイケのイベントをやってるところがここくらいなので、サイケに行きたい時はここ。
 場所がら大学生が多いが、サイケに来る客なので皆もくもくと踊ってて良い。
 コロナで営業的に厳しくてクラウドファンディングをやってたので参加したが頂いた
 入場券はいつ使えるだろうか。。ここは小さいけど無くしてはならない箱。

Welcome to Cave's website
高円寺にあるDJ'sバーCaveのHPです。(4月11日現在東京都のCovid-19自粛要請により営業を自粛しております。

ダンスの楽しさを伝えたい


振り付けを覚えて格好よく踊るのだけがダンスでは無く、人目を気にせず自由に踊って自分が気持ちいいのダンスを知って欲しいと思ってる
日本ではダンスする機会が無いので、自分が昔はダンスの楽しさを知らなかったように、本当はダンス好きだけど知らないまま人生を終える人もいるんだろうなと思う
自分はダンスの楽しさを知って人生を楽しむ幅が広がったので、自分が気持ちよくなるために自由に踊るダンスの楽しさを伝えたいなぁと思ってます。

YouTubeに上がってるダンスの動画は上手い人のダンスばかり。
見る人も単に凄いなぁと見るだけか自分も同じように踊りたいと真似するために見る。

下手でも気持ちよさそうに踊ってる動画があれば『なんか適当ダンスだけど気持ちよさそうだな』と真似して踊る人も増えないかなと、前に一度、YouTube にダンス動画を上げたことがあったけど、音楽の著作権の問題があるので結局一本あげただけで終わりました。笑
ちなみにこの頃はもうクラブにあまり行って無い頃で体重は80kgくらいだったと思います。笑

実は正直、クラブでここまで踊ってるガチ勢はそれほどいない。笑
やはりクラブだと異性の目を気にしてる人が多いとか踊り方がわからないとか恥ずかしいとか汗かきたくないとかで踊って無い人もわりと多い。
でもダンスの楽しさを知ってる人たちは一定数はいて自分の世界に入って踊ってる人もいれば、知らない人と一緒に踊ってる人もいる。

あとはクラブイベントに有名アーティストがゲストで来たりすると、クラブに来たことが無いファンが詰めかけて来るので、大半が踊らない人になる時もある。

せっかくクラブに来たのにダンスの楽しさを知らずに帰るのもったいないよなぁと、だいたい自分はクラブでも曲がいい時はヤバい人みたいにこんな感じでガチで踊ってます。笑

ただ今でも人に見られながら踊るのは恥ずかしいので、スイッチを入れるために薄暗いクラブの中でも踊る時はサングラスをかけてたりしますが。笑

最近クラブに行けてないので、実は定期的にどっかで踊っただけの動画をアップしたいなぁと思ってはいたんですが著作権がネックなんですよね。
著作権フリーで踊れる30分以上の四つ打ちテクノ系のミックスがあれば教えてください!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました