影響を受けた漫画

漫画

漫画は自分にとっては人生の教科書


自分が子供の頃の情報元はTVやラジオ、本、漫画くらいだった。
大学の頃にパソコン通信が流行ったがまだMS-DOSなどの時代でインターネットにはほど遠い。
会社に入って結構してWindowsが出てきたが、インターネットはもうちょっと先。

実際に自分で経験できることや知人との会話では量が少ないので、人格形成においてはTV、ラジオ、本、漫画などからの情報で擬似体験をすることで心が育っていく
小学校から大学くらいまでの中で何を見てきたかを知ると自分に近い人間かどうかわかると思う。

自分の学生の頃は漫画、アニメが大半。TVドラマや小説はほとんど見てなかったので、もっぱら人生の教科書は漫画。
特に学生時代に読んだ漫画で思い入れがあるものは人生に影響を与えられたものだと思うので、思い出せたものを記録しておこうと思う。

ざっくり年代毎の自分と漫画の付き合いは以下のような感じ。

・小学校の頃はアニメがメインで漫画はコロコロコミックをたまに買ったりしてた。
・中学校になると漫画を読む量は増えたが、買うお金がもったいないので週刊漫画誌を買うことは無く、帰宅中にコンビニで漫画を立ち読みするようになった。
・高校になっても漫画を読むスタイルは大きく変わらず。好きな漫画は単行本を買うようになり、大学では古本を読むようになった。

・社会人になりインターネットで情報が入るようになると過去の良作を読むようになった。

子供の頃に少年ジャンプで筋肉マンを連載してたので友達は皆読んでいたが、ジャンプ等の少年向け漫画週刊誌は分厚くて立ち読みに向かないので、もう少し高い年齢層向けの丸とじのヤンマガ、ヤンサン、ヤンジャン、スピリッツで読みたいものだけを読んでた。

子供の頃に少年ジャンプを通って無いのが同年代の人と大きく違うところであり、もしかするとこの時にみんなと違う人格形成をしたのかも。笑

小学生の頃の漫画

藤子不二雄 ドラえもん、キテレツ大百科、エスパー魔美、魔太郎がくる


小学校の頃はコロコロコミックだったので基本は藤子不二雄
小学校の頃にずいぶん影響を受けた。ドラえもん、キテレツ大百科、エスパー魔美、魔太郎がくる、などを持っていた。

小学4年生の頃に友達と4人で子供だけでドラえもんの映画を見に行ったことがあった。
映画館を探して見つけたが、ドラえもんは止めて同じ時に放映されてた機動戦士ガンダムを見た。
ちょっと大人になった気がした。笑

永井豪 デビルマン


小学3年生の誕生日の時だったと思うが、友達が誕生日プレゼントに何故かデビルマンを1冊くれた。
小学生には衝撃的な内容だったのを覚えている。全巻を読んだのはだいぶ後だが、人生に影響を受けた作品だと思う。
悪魔が合体して悪魔の力があるのに人間の心が残ってしまったデビルマンが悪魔と闘う。
今でもこの手のストーリーものもは多いが、自分的には寄生獣東京喰種進撃の巨人なんかも『ああ、デビルマンのパターンか』と思ってしまう。笑

聖悠紀 超人ロック


2つ歳上の姉が「ふぁんろーど」という漫画雑誌を買ってて、小学校の頃からコミケに着いて行ったりしてた。ラムちゃんの水着姿の女性を見てドキドキしたのを覚えてる。笑

ふぁんろーど」の影響もあって、小学校の頃に集めてた漫画に超人ロックがある。
エスパーものは好きで、子供の頃はよく頭の中で超能力で戦うのを空想してた。

エロ漫画もの Oh!透明人間、みんなあげちゃう♡、スペルマン


幼なじみが同じ歳の女の子で幼稚園くらいまでは女の子とばかり遊んでたり、姉がいて母親や姉の裸は見てたので小中学校くらいまでは女性を異性と意識することはあまり無かった。
ただ心のどこかでエロ漫画は何か怪しい背徳感を感じるものがあり、こっそり立ち読みで見たりしてた。覚えてるのは、Oh!透明人間、みんなあげちゃう♡とか。

あと姉が何故か吾妻ひでおのエロ漫画を集めてたのでこっそり読んだりしてた。笑

中学生の頃の漫画


中学生の頃は立ち読みはしていたが、AKIRAとナウシカ以外に思い入れがある漫画があまりない。
アニメの方に入れ込んでたのかも。

大友克洋 AKIRA、童夢


中学1年の頃に幻魔大戦という映画があり、その映像や音楽に衝撃を受けた。
そのキャラクターデザインが大友克洋と知り、ヤンマガでAKIRAを連載し初めてたので、わりと最初から立ち読みして全巻もってた。超能力もので世界観やセンスで影響は受けたと思う。
その後、大友作品はいろいろ読み漁ったのだが、子供や年寄りや貧乏人など社会的に立場が弱い人たちが主役の作品が多く考えさせられるものは多い。

宮崎駿 風の谷のナウシカ


小学校から「ふぁんろーど」を姉が購読してた影響もあり「アニメージュ」「アニメディア」などのアニメ雑誌も立ち読みしてた。
小学6年の頃からアニメージュ風の谷のナウシカの連絡が始まったので読んでて中学2年の頃にアニメ化。全巻持ってたけど連載は遅々として進まず、世界感は凄かったが、宮崎駿が漫画で伝えたかったことを理解できたのは後半の方なので既に大人になった後であまり影響を受けたという感じでも無いかも。
宮崎駿で影響を受けたとすると未来少年コナンとかハイジの方かな。笑

高校生の頃の漫画


高校は通学時間が長いのとゲーセンに行くようになったので、コンビニでの立ち読みが減った。
音楽とゲームが趣味の時間を占めるようになってて漫画はあまり読めて無かった。

小林じんこ 風呂上りの夜空に


中学まではMTVで洋楽を聴いてたが高校になって少し日本のロックに目覚めた。
漫画と関係ないけど仲の良い友達がRCサクセションのファンで初めて野外フェスに行った。
野外フェスでは音楽での感動はあまり記憶に無いが、人目を気にせず一人で踊ってる女性がいて、その姿に心がドキドキしたのを覚えてる。
RCの曲に雨上がりの夜空にがあるが、それ繋がりでこの漫画を読んだが雰囲気が凄く好きで生き方とか少なからず影響は受けてる。
その後、りなことお兄ちゃんという漫画が途中で中止となり今でも小林じんこの呪縛が解けずにいる。笑

上條淳士 TO-Y


同じく日本のロックが好きだった関係でTO-Yを読んでいた。
上條淳士の絵が好きだったのが大きいが、ロックの世界への憧れもあった。

ちなみに仲良かった友達は高校の頃にバンドを始め、誘われたが自分はやらず。
友達に彼女ができて疎遠になってしまった。
たぶん友達に嫉妬してしまう自分が嫌で自分から近づかなくなった。
まぁ、人生経験ですね。笑

藤原芳秀 拳児


小学校の頃にブームになったジャッキーチェーンで拳法モノの映画はずっと好きだった。
たまたま読んだ拳児はストーリーが好きで全巻持ってて何度か読み返した漫画。
何事も自ら進んでいけば師が現れて次に進めるというような運命論的なものは今でも信じてる。

大学生の頃の漫画


大学になって一人暮らしを始めた。
自宅ではX68000というシャープのパソコンでゲームをし、大学で友達と会ってはゲーセンでゲームをするという堕落した日々を過ごした。笑

萩尾望都 11人いる!、スター・レッド、恐るべき子どもたち、半神、ローマへの道


今でももう一度行きたいと思うお店に大学の頃に良く行ってたレディバードという喫茶店がある。
安くて大盛りの食事を目当てに行ってたが漫画がいっぱい置いてあったので、行くと何か1冊くらい読んでた。
ふぁんろーど」で萩尾望都の名前は知ってたので初めて11人いる!をここで読んで面白い!と萩尾望都の作品を読み漁るようになり、仕舞いには古本で持ってない作品を集めまくった。
少女漫画なのにSFが面白いというところから入ったが、恐るべき子どもたち、半神、ローマへの道なども心を揺さぶられるものがあり、一人で泣きたい時に読み返したりしてた

安達哲 キラキラ、さくらの唄


自分は発育が遅かったので中学までは異性を意識することがあまり無かった。
高校になって男子クラスになって異性を意識するようになり、はじめて夢精。高校の間にだんだんこじらせてしまい緊張して女子と話せなくなってしまった。
大学は理系で女子はほとんどいなかった。一人暮らしを始めてこれまでの遅れを取り戻すべく、毎晩、エロ本やAVで自慰にふけっていた。笑
そんな中で出会ったのが安達哲キラキラは好きだった。いつか天使を手に入れたいと思った。
そしてさくらの唄童貞だった自分には刺激が強すぎていろいろな影響を受けた。ぜひ童貞の時に読んで欲しい作品だが、今はインターネットでいろんな情報が手に入るので自分の頃のような刺激は無いだろう。

社会人以降の漫画


社会人になってインターネットが使えるようになった後、いろんな優秀作の情報も入るようになったので古本やインターネットカフェなどで読むようになった。
基本的に記憶力が悪いので読んだ作品をあまり思い出せなかったりするし、読んだ作品もあまり記憶がないものもある。思い出せるもので、これは読んで良かったと思う作品をいくつか書いておこうと思う。

福本伸行 賭博黙示録カイジ


世の中は法律やルールに縛られてるが、抜け穴があったり、それを利用して儲けてる人がいたりと、世の中の真実に気づかせてくれる。
福本伸行の他の作品も面白いが、やはりカイジシリーズが一番面白い。

松本次郎 女子攻兵、フリージア


女子攻兵というタイトルと絵を見て、いったいどんな話なんだろう?と読んだら面白かった。
松本次郎は世界観や絵がとても好き。フリージアも精神的に病んでる作品で好き。笑

林田球 ドロヘドロ


2020年にアニメ化されたのを見て漫画を読んだ。
最近は漫画の世界観をグレードアップして素晴らしい映像美でアニメ化してくれて、アニメの雰囲気が最高に好き。
林田球のキャラクターやドロヘドロの世界観はかなり好き。基本的に病んでる漫画は好き。笑

真鍋昌平 闇金ウシジマくん


病んでる作品つながりで真鍋昌平闇金ウシジマくんも好き。
日本社会の闇のリアルな情報が面白い。

松本大洋 ピンポン、鉄コン筋クリート


松本大洋の作品も闇が少しある感じと世界観が良いですね。
ピンポンは漫画もアニメも実写映画も良いし、メレンゲの「僕らについて」はだいたい歌う。笑

その他の面白い作品


優秀な作品を見た人たちが更にすごい作品を作っていく。
最近の秀作は一本目の作品がブレイクするパターンが多いし、絵の技術や今までに無いストーリーでほんと凄いです。
これらの作品を子供の頃に読んでる今の世代が大きくなると次はどうなるんだろうと楽しみで仕方ないですね。

・諫山創 進撃の巨人
・石田スイ 東京喰種
・麻生羽呂 今際の国のアリス
・白井カイウ/出水ぽすか 約束のネバーランド
・吾峠呼世晴 鬼滅の刃
・石塚真一 BLUE GIANT

コメント

タイトルとURLをコピーしました